サステナビリティESGインデックス・社外評価

サワイグループは、企業理念「なによりも健やかな暮らしのために」を掲げ、ジェネリック医薬品事業を中核とする事業を通じて社会課題解決に取り組み、持続可能な社会の実現を目指しています。このような取り組みに対して外部評価機関等から、サワイグループホールディングスとして、以下のような評価をいただいております。

※2021年3月31日以前は沢井製薬

FTSE4Good Index Series

FTSE4Good Index Series

ロンドン証券取引所が100%出資する投資指数算出会社FTSE Russellが作成したESGの観点から世界基準を満たす企業を構成銘柄とする株式指数「FTSE4Good Index Series」に、2019年より3年連続選定されています。

FTSE Russell(FTSE International LimitedとFrank Russell Companyの登録商標)はここにサワイグループホールディングスが第三者調査の結果、FTSE4Good Index Series組み入れの要件を満たし、本インデックスの構成銘柄となったことを証します。FTSE4Good Index SeriesはグローバルなインデックスプロバイダーであるFTSE Russellが作成し、環境、社会、ガバナンス(ESG)について優れた対応を行っている企業のパフォーマンスを測定するために設計されたものです。FTSE4Good Index Seriesはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されます。

FTSE Blossom Japan Index

FTSE Blossom Japan Index

FTSE Russellが作成したESGの観点から優れたパフォーマンスを発揮していると判断された日本企業を選定する「FTSE Blossom Japan Index」に、2019年より3年連続選定されています。

FTSE Russell(FTSE International LimitedとFrank Russell Companyの登録商標)はここにサワイグループホールディングスが第三者調査の結果、FTSE Blossom Japan Index組み入れの要件を満たし、本インデックスの構成銘柄となったことを証します。FTSE Blossom Japan IndexはグローバルなインデックスプロバイダーであるFTSE Russellが作成し、環境、社会、ガバナンス(ESG)について優れた対応を行っている日本企業のパフォーマンスを測定するために設計されたものです。FTSE Blossom Japan Indexはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されます。

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)

世界最大規模の年金運用機関である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が選定したESG投資指数「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」の構成銘柄に選定されています。

サワイグループホールディングスのMSCIインデックスへの組み入れ、および本ページでのMSCIロゴ、商標、サービスマークまたはインデックス名の使用は、MSCIまたはその関連会社によるサワイグループホールディングスへの後援、推奨、プロモーションではありません。 MSCIインデックスは、MSCIの独占的財産です。 MSCIおよびMSCIインデックス名とロゴは、MSCIまたはその関連会社の商標またはサービスマークです。

S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数

S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数

世界最大規模の年金運用機関である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が環境テーマ型指数として環境情報の開示を十分に行っている企業や炭素効率性の高い日本企業を選定している「S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数」の構成銘柄に選定されています。

SOMPOサステナビリティ・インデックス

SOMPOサステナビリティ・インデックス

SOMPOホールディングスグループが運用するESG(環境、社会、ガバナンス)の評価が高い企業に幅広く投資する年金基金・機関投資家向けのESG運用プロダクト「SOMPOサステナビリティ・インデックス」の採用銘柄に、2019年より3年連続選定されています。

健康経営優良法人

健康経営優良法人

経済産業省および日本健康会議が「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する「健康経営優良法人(大規模法人部門)」に、2018年より4年連続選定されています。

第4回日経スマートワーク経営調査に参加(2020年11月)

第4回日経スマートワーク経営調査に参加(2020年11月)

働き方改革を通じて生産性革命に挑む先進企業を選定する第4回日経スマートワーク経営調査に参加しました。本調査は2017年から日本経済新聞社が実施しているもので、全国の上場企業と有力非上場企業を対象とし、多様で柔軟な働き方の実現、新規事業などを生み出す体制、市場を開拓する力の3要素によって組織のパフォーマンスを最大化させる取り組みを「スマートワーク経営」と定義し、企業統治など経営基盤も加え、星5段階で評価されます。サワイグループは星3つの評価を得ています。

CDP

CDP

CDPは、企業の環境行動に関する情報を取り扱う世界最大の情報開示基盤です。「気候変動」「水」「フォレスト」の3つのレポートがあり、質問書に対する企業からの回答に対して8段階のスコアリングを行うとともに、投資家の投資判断のために情報提供を行っている英国の非政府組織(NGO)です。サワイグループは気候変動レポートおよび水レポートにおいて、Cスコアを得ています。