企業情報沿革

1919

  • Upsher-Smith
    薬剤師のフレデリック・アルフレッド・アップシャー・スミス(F.A. Upsher Smith)が製薬会社を設立。

1929

  • 沢井製薬
    大阪市旭区に澤井範平、乃よ(薬剤師)が沢井製薬株式会社の前身、澤井薬局を創業。

1942

  • 化研生薬
    東京九段に化研生薬株式会社を資本金19万円で設立。

1948

  • 沢井製薬
    医薬品の製造および販売を目的として、大阪市旭区に澤井製薬株式会社(現 沢井製薬株式会社)を資本金19万5千円で設立。

1955

  • 沢井製薬
    東京出張所(現 東京第一支店)を開設。

1961

  • 沢井製薬
    本社工場(当時)の生産ラインを自動化。

1962

  • 沢井製薬
    札幌営業所(現 札幌支店)、東北営業所(現 仙台支店)、名古屋営業所(現 名古屋支店)、福岡営業所(現 福岡支店)を開設。
  • 沢井製薬
    ニンニクエキスの製法特許を取得し、ビタミンB1製剤を発売。

1965

  • 沢井製薬
    一般用医薬品メーカーから医療用医薬品メーカーへシフト。

1968

  • 沢井製薬
    大阪市旭区に大阪第2工場(当時)完成。

1969

  • Upsher-Smith
    ケン・エヴァンスタッド(Ken Evenstad)がUpsher-Smithを買収。

1972

  • 沢井製薬
    製造から販売に至るまでの物流整備を目的として、大阪市都島区に発送センターを新設。

1974

  • 沢井製薬
    大阪市旭区に本社社屋(当時)完成。本社機能を移転。

1978

  • 沢井製薬
    澤井治郎が代表取締役社長に、澤井弘行が代表取締役専務に就任。

1979

  • 沢井製薬
    商号を沢井製薬株式会社に変更。
  • 沢井製薬
    広島営業所(現 広島支店)を開設。

1981

  • 沢井製薬
    福岡県飯塚市に九州工場完成。
  • 化研生薬
    茨城県石岡市に八郷工場を開設。

1983

  • 沢井製薬
    九州工場第2期工事(一般製剤およびシロップ製剤製造設備)完成。

1984

  • 沢井製薬
    研究設備の増設と充実を目的として、大阪市旭区に大阪研究所(当時)を開設。

1985

  • メディサ新薬
    東京都中央区にメディサ新薬株式会社(現 連結子会社)を設立。
  • 沢井製薬
    九州工場第3期工事(注射剤製造設備)完成。

1987

  • メディサ新薬
    福岡県嘉穂郡(現 飯塚市)に九州工場(現 沢井製薬株式会社 第二九州工場)完成。

1988

  • 沢井製薬
    澤井治郎が代表取締役会長に、澤井弘行が代表取締役社長に就任。

1989

  • 沢井製薬
    九州工場第4期工事(注射剤製造設備増設ほか)完成。

1990

  • 沢井製薬
    研究開発部門の拡大を目的として、大阪市旭区に研究開発センター(当時)を新設。
  • 沢井製薬
    大阪支店を開設。

1991

  • 沢井製薬
    発送センターを分離独立し、全額出資子会社の株式会社アクティブワークを設立。
  • 沢井製薬 メディサ新薬
    株式取得により、メディサ新薬株式会社を子会社化。

1992

  • メディサ新薬
    九州工場(現 沢井製薬株式会社 第二九州工場)第2期工事(包装設備)完成。
  • 沢井製薬
    兵庫県三田市に三田工場完成。

1994

  • 沢井製薬
    製剤研究の充実を目的として、大阪市旭区に製剤研究センター(当時)を開設。

1995

  • 沢井製薬
    日本証券業協会に店頭登録。

1996

  • メディサ新薬
    九州工場(現 沢井製薬株式会社 第二九州工場)第3期工事(製品倉庫・品質管理分析室・食堂等)完成。

1997

  • 沢井製薬
    ジェネリック医薬品の啓発を目的として新聞広告の掲載を開始。
  • メディサ新薬
    九州工場(現 沢井製薬株式会社 第二九州工場)第4期および第5期工事(一般製剤製造設備・自動倉庫増設)完成。

2000

  • 沢井製薬
    九州工場に注射剤製造設備を増設。
  • 沢井製薬
    東京証券取引所市場第二部に上場。

2002

  • 沢井製薬
    九州工場第5期工事(経口用持続性製剤等製造設備・包装設備)完成。

2003

  • 沢井製薬
    東京証券取引所市場第一部に指定。
  • Upsher-Smith
    ミネソタ州メープルグローブに新本社社屋を完成。

2004

  • 沢井製薬
    新ビジュアルアイデンティティを制定。
  • 沢井製薬
    全国にてテレビCM放送を開始。
  • 沢井製薬
    連結子会社である株式会社アクティブワークを吸収合併。

2005

  • 沢井製薬
    三田工場第2期工事(一般製剤製造設備増設・特殊製剤設備)完成。
  • 沢井製薬
    千葉県茂原市の日本シエーリング株式会社(現 バイエル薬品株式会社)茂原工場を譲り受け、沢井製薬株式会社の関東工場として稼働。

2006

  • メディサ新薬
    住友商事グループが出資。
  • メディサ新薬
    大阪市旭区に本社を移転。
  • 沢井製薬
    大阪市淀川区に新本社・研究所社屋を完成。本社・研究所機能を集約し、移転。
  • 沢井製薬化研生薬
    株式取得により、化研生薬株式会社を子会社化。

2007

  • 沢井製薬
    関東工場にシリンジ棟を新設。
  • 沢井製薬
    企業理念および行動基準を制定。

2008

  • メディサ新薬
    九州工場(現 沢井製薬株式会社 第二九州工場)第6期工事(経口固形製剤増産設備等)完成。
  • メディサ新薬
    大阪市淀川区に本社を移転。
  • 沢井製薬
    澤井弘行が代表取締役会長、澤井光郎が代表取締役社長に就任。

2009

  • 沢井製薬
    三田工場第3期工事(一般製剤製造設備増設)完成。
  • 沢井製薬
    さいたま支店(現 東京第二支店)を開設。
  • 沢井製薬
    製剤研究センター(後、製剤技術センターに改称)を開設。

2010

  • 沢井製薬 メディサ新薬
    株式取得により、メディサ新薬株式会社を完全子会社化。

2011

  • 沢井製薬
    抗アレルギー剤「セチリジン塩酸塩OD錠「サワイ」」が 特定非営利活動法人ジェネリック医薬品協議会の最優秀ジェネリック医薬品賞を受賞。

2012

  • 沢井製薬メディサ新薬
    会社分割により、メディサ新薬株式会社の生産事業を吸収し、同社の九州工場を沢井製薬株式会社の第二九州工場として承継。

2013

  • 沢井製薬
    関東工場に製剤工場を新設。
  • 沢井製薬
    睡眠導入剤「ゾルピデム酒石酸塩OD錠「サワイ」」が 特定非営利活動法人ジェネリック医薬品協議会のジェネリック医薬品奨励賞を受賞。
  • 沢井製薬
    執行役員制度を導入。

2014

  • 沢井製薬
    抗血小板薬「シロスタゾールOD錠「サワイ」」が、社団法人日本薬剤学会「旭化成創剤開発技術賞」を受賞。

2015

  • 沢井製薬
    会社分割により、田辺三菱製薬工場株式会社の鹿島工場(茨城県神栖市)を承継し、沢井製薬株式会社の鹿島工場として稼働。
  • 沢井製薬
    大阪府吹田市に開発センターを新設。製剤技術センター(当時)の機能を開発センターへ集約。

2016

  • 沢井製薬
    兵庫県三田市に三田西工場完成。

2017

  • 沢井製薬
    ピタバスタチン錠が米国食品医薬品局(FDA)より承認取得。日本のジェネリック専業メーカーとして初のパラグラフⅣによる医薬品簡略承認申請(ANDA)の承認を取得。
  • 沢井製薬Upsher-Smith
    Sawai America INC.(現 Sawai America, LLC)を通じて、Upsher-Smith Laboratories, LLCを子会社化。

2019

  • 沢井製薬
    創立90周年を迎える。
  • 沢井製薬
    骨粗鬆症治療剤 ミノドロン酸錠50mg「サワイ」の包装パッケージが「WorldStar Awards」を受賞。
  • Upsher-Smith
    創立100周年を迎える。

2020

  • 沢井製薬
    株式会社ニュージェン・ファーマと筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬に関する共同開発およびライセンス契約を締結。
  • 沢井製薬
    澤井光郎が代表取締役会長に、澤井健造が代表取締役社長に就任。
  • 沢井製薬
    サスメド株式会社との資本業務提携に合意。

2021

  • サワイグループホールディングス
    サワイグループホールディングス株式会社を設立。
    澤井光郎が代表取締役会長に、澤井健造が代表取締役副会長に、末吉一彦が代表取締役社長に就任。

グループ各社の沿革

会社概要 TOPに戻る